子を持つ親としては、信じられないショックなニュースが入ってきました。

長崎市の私立保育園2箇所で保育士が園児に虐待をして、その様子を動画で撮影していたといいます…。

もし、可愛い我が子が同じことをされていたと思うと本当に腸が煮えくり返ります。

スポンサーリンク

長崎市の保育園で虐待発覚!

市によると、ある保育所で1月ごろ、保育士1人が園児1人のズボンを脱がせて物干し用のロープに掛けた後、園児が手を伸ばして取り戻そうとする様子を撮影

同僚に動画を見せていた。外部への拡散は確認されておらず、保育士は市の調査に「遊びのつもりだった」と説明したという。

9月には別の保育所で、保育士1人が4歳児クラスの園児11人をハエたたきでたたいたり、馬乗りで押さえ付けたりした。

園児に目立ったけがはなかった。保育士は調査に「園児が昼寝の時間に騒いでいた。いら立ちを抑えることができなかった」と話したという。

いずれの保育士も既に依願退職した。10月に市への匿名の投書や電話があり、明らかになった。

引用元:産経ニュース

皆がいる前でズボンを脱がされ、取り戻そうと必死でピョンピョン飛び跳ねているところを友達に笑われ、動画まで撮られていたなんてひどすぎますね。

この保育士は、一体どんな気持ちで撮影をしていたのでしょうか…。

保育園児といえど羞恥心はもう持っているでしょうから、その子は一生のトラウマになると思います。

また今後のいじめのターゲットにだってなりかねませんよね。

この保育士達はすでに依願退職したそうですが、子供に大きな心の傷を与えておいて自分は逃げるようにすぐ退職だけで済むなんて許せませんよね。

スポンサーリンク

長崎市の虐待保育園はどこ?

現段階では、この虐待があった2つの保育園がどこかはわかっていませんが、長崎市は虐待の事実を把握しこの保育園の処分を検討しているようです。

それなので後々、該当保育園がわかってくると思います。

保育園自体が、この虐待を隠していたり、他の保育士も同じようなことをしていたなら最悪、業務停止処分ということになる可能性も十分ありますからね。

本当に信頼できる安全な保育園でないと我が子を預けたいとは思いませんよね。

全国の保育園や介護施設などで頻繁に起こるこのような虐待のニュースは無くならないですね…。

自身のストレスを抵抗できない幼児や高齢者などにぶつけるのは本当にやめてほしいと思います。

今後、同じようなニュースが起こらないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク