9月5日(火)から10日(日)まで「FIVBワールドグランドチャンピオンズカップ2017(グラチャンバレー2017)」が開催されています。

中田久美監督率いる新生全日本のメンバーは気になる選手が多いですよね。

そこで今回は、可愛いと評判の鍋谷友理枝選手について色々と調べてみました。

スポンサーリンク

 

 

鍋谷友理枝選手の経歴

プロフィール

名前:鍋谷友理枝(なべやゆりえ)

愛称:レイ

生年月日:1993年12月15日(23歳)

出身:神奈川県川崎市

出身校:東九州龍谷高校

身長:176cm

体重:55kg

利き手:右

ポジション:ウイングスパイカー

所属:デンソー・エアリービーズ

経歴

小学校3年生からバレーボールを始め、大分県にある女子バレー強豪校の東九州龍谷高校進学。

高校3年生の時に主将を務め、第64回全日本バレーボール高等学校選手権大会見事優勝

この時鍋谷選手は、最優秀選手賞を受賞し、存在感を示しました。

そして、高校卒業後にデンソー・エアリービーズに入団が決定し、さらなる実力をつけ2012年9月に第3回アジアカップ女子大会で全日本代表メンバーに初選出

2013年10月の第1回世界U23女子バレーボール選手権に日本代表として出場した際には、銅メダル獲得に大きく貢献しました。

スポンサーリンク

鍋谷友理枝選手の家族は?

鍋谷選手の両親は、2人とも青山学院大学体育会バレー部出身で、父親は高校や実業団で活躍、母親も春高バレーなどに出場するほどのバレーボール選手でした。

鍋谷選手のお母さんは、あの大林素子さんの1学年下で八王子実践高等学校時代に同じチームで戦った仲間でした。

以前、鍋谷選手もご自身のツイッターで若かりし頃のお母さんについて語っていたことがありました。

両親の遺伝子をしっかりと受け継いだサラブレッドの鍋谷選手は、小学校からバレーボールの才能を開花。

両親共に元バレーボール選手だっただけに熱心な指導で鍛えられていた鍋谷選手は、東京の中学校からわざわざ大分県の女子バレー強豪校に進学しています。

そして今や日本代表で大活躍するほどの選手に育ったわけですね。

現在の活躍ぶりにご両親もさぞかし喜んでいるでしょうね(^^)

今後の活躍にも大いに期待です!

女子バレー堀川真理の経歴や出身校は?どこのハーフ?彼氏や結婚の噂は?

スポンサーリンク