実は、私も転勤族の妻なのですが、毎年夫の転勤の辞令が出る頃ってドキドキソワソワしてしまいますよね。

もちろん大変なのは、転勤先々で仕事をする夫なのですが、転勤族の妻もとっても大変です!

辛くて寂しい日々を送っている転勤族の妻の皆さん、デメリットばかりではないので前向きに転勤生活を楽しみましょう!

スポンサーリンク

転勤族の妻のデメリット

転勤族の妻というとやはり、周りからは「大変そう」と思われますよね…(^^;)

もちろんデメリットはいくつかあります。

しかし、前向きに考えてひとつずつ乗り越えていきましょう!

引っ越しが多い

転勤になると必ず引っ越し作業があります。

各社引越し業者に見積もりを頼み、梱包作業に荷ほどき作業に公共料金の契約…例え荷物を少なくしてもこの引っ越し作業は本当に面倒くさいです。

できればやりたくないですが…これは、もう覚悟して慣れるしかありません。

しかし、新しく部屋が変わることでマンネリしていた生活から脱却でき、気分もリフレッシュできますし、この部屋はどんなインテリアにしようかなと楽しくなることもありますよね(^^)

マイホームが建てづらい

いつどこに転勤になるかわからないのでマイホーム計画は立てづらいです。

周りのみんながマイホームを建てだすタイミングが重なるとどうしても焦ったり、羨ましく思ってしまいます。

転勤族は定年後か、お子さんがいる家庭では、子供が小学校に上がるタイミングで購入し、あとは単身赴任で過ごすという家庭が多いようですね。

我が家も小学校に上がる頃か高学年になるまでにはと考えています。

同じところで仕事が続けられない

夫の転勤先についていくとなると今まで築き上げてきた自分のキャリアを捨てなければなりません。

転勤先で毎回勤め先を見つけ、慣れてきたらまた転勤で辞めなければならないのはストレスが溜まりますよね。

別居婚という選択肢もありますが、夫と離れて暮らすのはやはり寂しいですし、まだまだ日本では別居婚に対する目は冷ややかですからね…。

今は、在宅で稼げる仕事もたくさんありますし、全国どこにでもあるようなお店に勤めるということも一つの手ですね。

周りに知人がいなくて、人間関係を築くのが大変

友人知人もいない新天地では、またゼロから人間関係を築きあげなくてはいけません。

頼りになる親や友人がいなくて、不安や寂しくなってしまう瞬間はどうしても出てきてしまいますね。

そんな時こそ、夫婦でお互いに頼りあって励まし合うことで夫婦の信頼関係は深まります。

また会社が用意してくれる社宅やマンションには、同じ転勤族の方が結構いますよね。

同じ境遇なので、すぐに打ち解けやすかったりしますよ。

一人で我慢せずに遠慮せず弱音を吐いてみましょう。

子供がいたら転校しなくてはならない

子供がいると親の都合で慣れた学校を転校しなくてはならなくなります。心苦しいですよね。

もちろん単身赴任という選択もできますが、それができない家庭もあると思います。

転校をすることで子供もコミュニケーション能力環境適応能力が養えますし、強い精神力もつけることができます。

新しい友人関係や前の学校との授業の進み具合も違って子供自身に相当ストレスがかかることは間違いないので、しっかりと安らげるように円満な家庭環境は何より大切です。

どれもできれば経験したくないことかもしれませんが、やるしかないのが現状です。

全国や海外には、同じように頑張っている転勤妻の方達は大勢います。

自分だけ無理なんていってられないですよね。一緒に頑張りましょう!

スポンサーリンク

転勤族の妻のメリット

それでは、転勤妻のメリットはどんなことがあるでしょうか。

デメリットばかりに目を向けがちですが、いいことも意外とあるんですよね!

煩わしい人間関係が定期的にリセットされる

近所付き合いや職場には、どうしても苦手なひとや面倒くさい人がいますよね。

そんな人とも転勤と同時におさらばできます(^^)

嫌な人間関係も短い期間だけと思えば、我慢もできますよね。

また各地域で色んな人と出会うことができるので友人知人がどんどん増えていきます。

各種手当がもらえる

これは勤め先にもよると思いますが、大体のところは、住居手当や引越手当、転勤手当など各種の手当が支給されるので収入がアップしますよね。

家族で住む家も会社が用意してくれるところが多いので家賃がかからなかったり、格安だったりしますよね。

田舎の方の転勤になり、物価が安いところだとわりと生活にゆとりが出て過ごせるのではないでしょうか。

色んな土地に住めて楽しめる

単純に色んな土地を深く知ることができるので人生を楽しめます(^^)

観光で行くのと住むのとではやはり全然違いますからね。

その各地域によって、交通機関テレビ番組スーパーも全然違うので面白いですし、あまり知られていないその土地ならではの名物も色々と知ることができます。

新しい土地でふらっと散歩するだけでもワクワクしますし、どこも「住めば都」といいますから、必ずすぐに慣れていきます!

きっとお気に入りの土地が見つかるのではないでしょうか(^^)

 

転勤族の妻は人生を楽しめる!

転勤族の妻は、「寂しい」「孤独」「大変」などの悪いイメージが多いですが、なんといっても人生経験が豊富になることは大きな財産ですよね!

生まれも育ちもずっと同じで、同じ景色、同じ人達、同じスーパーの食べ物しか知らないで終わる変化のない人生より、転勤先々での新しい出会い、発見、経験がどんどん増えていく刺激ある人生の方がよっぽど充実して楽しいと思います!

寂しい、辛いと塞ぎ込むのではなく、新しい土地では積極的に出掛けて楽しんでいきましょう!

転勤族の妻の会とは?

今は、インターネットもSNSも発達しているので同じ悩みを持った方達とも簡単につながることができます。

転勤族の妻の方と知り合いたい場合の手段として全国に「転勤族の妻の会」というものも存在しています。

全国のお出かけやイベント好きな転勤族の妻達が集まって、ランチや飲み会をしたり、地域イベントに出掛けたりと色々と楽しむ会のようです。

⇒「転勤族の妻の会」公式サイト

転勤族の妻の中には、孤独で思いつめてうつ病になる人もいるぐらいですからね。

こういった会に参加することもいいと思います(^^)

一度きりの人生で全く変化のない日々を何十年と過ごすより、新しい土地や環境で毎回ワクワクしながら過ごすことが出来てラッキーだと思いましょうね(^^)

スポンサーリンク