女優の加藤貴子さん(46)が、8月22日の夜、ご自身のブログで夫による代理報告で第2子となる男児を帝王切開で無事出産したことを報告しました。

46歳の高齢出産でかなり驚きですが、とてもおめでたいですね(^^)

これからが大変だと思いますが、頑張っていって欲しいと思います。

スポンサーリンク

加藤貴子第2子出産!

出産報告ブログの全文がこちらです↓

タイトル:旦那さんからのご報告です。

「本日16:30過ぎ、皆様に見守られ、無事に帝王切開の手術を終えて3124グラムの元気な男の子を出産することが出来ました。

落ち着きましたら、あらためて本人から報告させていただきます。

取り急ぎ、失礼いたします。

応援してくださり、本当にありがとうございました。」

本当に無事に産まれて安心しましたね(^^)心配していた方も多かったと思います。

本来の出産予定日は、9月だったらしいのですが、全前置胎盤だったということもあり、1ヶ月も早くに帝王切開になったようです。

それにしても、46歳で全前置胎盤で予定日より1ヶ月早い出産だったにも関わらず、赤ちゃんの体重は3000g超えで元気に産まれたということには驚きですよね!

障害児やダウン症ということもないようですし、本当に良かったですね。

様々なリスクが伴う高齢出産なのでためらってしまう方も多いと思いますが、今回の加藤貴子さんの出産を受けて、不妊に悩む多くの女性に勇気を与えたのではないでしょうか(^^)

スポンサーリンク

長年不妊で悩んでいた?原因は?

加藤貴子さんは、44歳で第1子、46歳で第2子を出産していますが、それまでも長く不妊で悩んでいた過去があったようです。

33歳の頃に自己流で妊活を開始したが、なかなか子供が授からないことから、映画監督の堤幸彦氏の紹介で通い出した病院で本格的な不妊治療を開始しました。

色々と調べてもらったところ不妊の原因は、『夫側の不妊と加齢による卵子の劣化』だったようです。

やはりどんな理由であろうとショックですよね。

加藤さんのところのように最近では、男性側の不妊も多くなってきているといいますから、しっかりと夫婦で産婦人科に行って不妊治療に前向きに取り組んでいって欲しいですね。

過去に3度の流産も?

また加藤さんは、自身が3回も流産していた過去を明かしていました。

特に3回目の流産は、自然妊娠だったこともあり、医師からも大丈夫といわれていただけに相当な精神的ショックを受けてしまっていたようです。

周りを妬んだり、続けてきた妊活に嫌気が差したり…当時は、かなり辛い思いをしたらしいのですが、担当医の『必ず加藤さんに赤ちゃんを抱いてもらえるようにがんばるから。加藤さんも諦めないで!』という言葉に救われたと語っていました。

その辛い経験後も諦めなかった加藤さんは、いまや無事に2児のママになったわけですからね。

信頼できる先生との出会いは大きいですね。

もちろん体力的にも精神的にも金銭的にもかなり大変な不妊治療ですので皆が皆、加藤さんみたいにはなれないと思います。

しかし、多くの女性に勇気を与えたことや、今辛い思いをしている方達の希望の光になったことは間違いないですからね!

加藤さんは、ブログでよく育児について近況を語っていますので、これから始まる元気な男の子2人の育児も温かく見守っていきましょう(^^)

加藤貴子の公式ブログ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[DVD] 愛の劇場 温泉へ行こう DVD-BOX 1
価格:15876円(税込、送料別)

スポンサーリンク