銀シャリ

2016年のM-1王者となった芸人の「銀シャリ」を年末特番などで、さっそく見かける機会が増えてきました。

やはりM-1で優勝した後にオファーが殺到したようです。

賞レースでタイトルを獲得すると話題性も高く、すぐにブレイクしそうですね~。

実は関西では、すでに人気でレギュラー番組を多数抱えている銀シャリについて色々調べてみました。

「銀シャリ」のプロフィール

銀シャリ

 

【写真左】

名前:鰻和弘(うなぎかずひろ)ボケ担当

生年月日:1983年8月31日(33歳)【2016年現在】

出身:大阪府八尾市

身長:171cm

趣味:原付きバイクの旅

学歴:清友高校卒

【写真右】

名前:橋本直(はしもとなお)ツッコミ担当

生年月日:1980年9月27日(36歳)【2016年現在】

出身:兵庫県伊丹市

身長:176cm

趣味:ラーメン食べ歩き

学歴:関西学院大学経済学部卒

所属は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー2005年8月に結成されました。

「銀シャリ」というコンビ名は、お互い20個ずつコンビ名を考えて出し合った結果、たまたま1つだけ「銀シャリ」が同じだったためこの名前をつけたみたいです。

偶然にも一致するってなかなか凄いことですよね!

またボケ担当の鰻さんは、かなり珍しい名字の為、インパクトがあって覚えてもらいやすいそうです。

イジってもらえるし、漫才師としては、恵まれた名前ですよね。

ちなみに名字が鰻なのに鰻は食べられないそうです(笑)

ツッコミ担当の橋本さんは、意外と高学歴んですよね。

頭の回転が早いし、テンポも良いので銀シャリは、ツッコミが上手いと昔から定評がありましたからね。

スポンサーリンク

M-1での1本目のネタが高評価

基本的にネタ作りは、ツッコミの橋本さんが担当しています。

M-1で1本目に披露した「ドレミの歌」のネタが特に高評価でネット上でも話題になっています。

簡単に説明すると、有名なドレミの歌を職業やファション縛りで「ド」から進めていくというネタです。

「レ」が出てこなかったり、「ファ」のメロディーが違ったりとボケとツッコミの掛け合いがどんどんヒートアップしていって、ついつい惹き込まれてしまいますね。

関西色が強い銀シャリのネタですが、関東の人達にもしっかりハマっていました。

これからの新作ネタも楽しみですね。

スポンサーリンク

すでに関西ではレギュラー番組多数

関西では、M-1前から人気があった銀シャリ。

現在もすでに様々なレギュラー番組を抱えているんです。

・読売テレビ「土曜はダメよ!」:「ギョーテン事業仕分け!!夫婦のルールいる?いらない?」のコーナー

・関西テレビ「ごきげんライフスタイルよ~いドン!」:「関西いっちょうらコレクション」のコーナー

・朝日放送「探偵!ナイトスクープ」橋本のみ

・朝日放送「おはよう朝日です」鰻のみ

・毎日放送「ちちんぷいぷい」:水曜17時台「銀シャリのブラリ…言われましても?」のコーナー

・NHK総合【関西地域向け】「じもてぃ愛情マップみんなすきやねん」

関西ローカルばかりですが、結構売れてますよね(笑)

関西の重鎮、上沼恵美子に気に入られているのか「快傑えみちゃんねる」などのゲスト出演もよくしていますしね。

とりあえず、この年末年始は、色んな番組でよく見かけることになるでしょう。

漫才のネタだけでなく、フリートークも面白いので、M-1優勝を機会に東京でもブレイクを果たして、全国区でのレギュラー番組が今後は増えるといいですね!

スポンサーリンク