高須クリニックの高須克弥院長が、25日の放送された「情報ライブ ミヤネ屋」で元宮城県知事の浅野史郎氏の発言を受けて、名誉を傷つけられたとして激怒し、謝罪を求めていました。

そこでさっそく浅野氏から「本日、番組内でお詫びします」と連絡が来たと明かし、その動向が注目されていました。

スポンサーリンク

高須院長が浅野史郎を名誉毀損で提訴?

25日放送の「ミヤネ屋」で、高須院長が、民進党の大西健介衆院議員に国会での発言で名誉を傷付けられたとして損害賠償などを求めて起こした訴訟の第1回口頭弁論の模様が取り上げられた。

大西議員が国会で悪徳美容整形外科の存在や誇大広告について取り上げた際、固有名詞と連絡先を連呼するなどCMが陳腐だとし、「イエス!○○とクリニック名を連呼するだけのCM」と発言。この点が、高須院長は名誉毀損に該当すると主張している。

一連のVTRの後に、浅野氏が「真実を言ったんですよ。これはあるとすれば正直者と怒るようなものです」、「高須クリニックと言ったって構わないですよ」などと発言。

これに対して、高須院長はツイッターで「明確な名誉毀損です。いまミヤネ屋さんに顧問弁護士から警告しました。浅野史郎様から明日中にお詫びがなければ提訴します」と表明していた。

高須クリニックは、ミヤネ屋の大事なスポンサーであるのに対し、なぜ悪口を言ってしまったのでしょうかね(^_^;)

しかも、仕事柄「名誉」を一番大事にしている人に対し、影響力のある番組で大々的に噛みつき、自分も提訴される可能性があると考えなかったのでしょうか…。

スポンサーリンク

浅野史郎とは何者?

名前;浅野史郎(あさのしろう)

生年月日:1948年2月8日(69歳)

出身:宮城県仙台市

学歴:東京大学法学部卒

前職:国家公務員(厚生省)

現職:神奈川県大学特別招聘教授

当選回数3回で1993年11月~2005年11月まで宮城県知事を務めていた方です。

また2005年に特殊な白血病である成人T細胞白血病(ATL)を引き起こすウイルス(HTLV-1)に感染していることが発覚。

化学療法や骨髄移植を受け、現在は体調が安定しているため、自宅療養中とのことです。

浅野史郎翌日のミヤネ屋で謝罪!

問題発言があった翌日のミヤネ屋で浅野史郎氏は、高須院長に対し正式に謝罪しました。

しかし直接、浅野氏が出演し謝罪したのではなく、番組最後でアシスタントの林アナウンサーが謝罪文を読み上げるという形でした。

以下、謝罪コメント全文です↓

「昨日の放送で、民進党の大西議員の国会での発言に対し、高須クリニックの高須院長が民進党・蓮舫代表らを相手取り、損害賠償などを求めた裁判についてお伝えしましたが、その中でコメンテーターの浅野史郎氏が高須クリニックについて、問題を抱えている美容外科であるかのように受け止められるコメントをいたしました。放送後、浅野さんに発言の真意を聞いたところ、そのような意図はなく、浅野さんが裁判の内容を誤解していたことによるもので、高須院長に対しておわびするという気持ちを表されました。読売テレビとしても高須院長、並びに視聴者の皆さまに誤解を与える放送を行ったことに対し、おわび申し上げます」

これに加えて宮根アナウンサーも「申し訳ございませんでした。高須院長、これからも仲良くしていただけるでしょうか。ぜひ、イエスと言ってください」と必死にフォローして謝罪していました。

高須院長は、これで納得して怒りはおさまったでしょうか(^_^;)

要求通りに謝罪したので今後、提訴はしない方針なのでしょうかね…。

この事件を受け、コメンテーターの人達は、これまで以上に細心の注意を払ってコメントしないといけませんね。

思ったことをいえず、面白みに欠ける番組になっていきそうですが仕方なさそうです(^_^;)

スポンサーリンク