連日、ワイドショーを賑わせている上西小百合議員の浦和レッズに対してのSNS上での暴言問題。

22日には、ツイッターで再び「くたばれレッズ」とつぶやき、さらに大炎上する自体となっています…。

ここまでくると上西小百合議員のおかしな対応に「人として大丈夫かな」「病気なのかな」と疑問視する声も多く出てきています。

スポンサーリンク

上西小百合議員が再び暴言!

上西議員は7月15日にサッカーJ1の浦和レッズとドイツの強豪ドルトムントの国際親善試合で浦和が2―3と逆転負けを喫した後に「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイートしたことをきっかけに、浦和サポーターを中心とするサッカーファンから非難を受けてツイッターが大炎上。その後、議員事務所に「ぶっ殺す」「刺し殺す」などの殺人予告が届いたとして、警視庁麹町署に被害届を提出している。

その一方で、浦和サポーターとの直接対話をクラブに要求。20日のツイッターでは「先程、浦和レッズ広報部より連絡がありました。私との面会を辞退するとの事でした。理由は”わざわざお越しいただくのも大変恐縮”との事でした。勿論これが本音ではなく、面倒な仕事を持ち込むなということでしょうが、日本を代表するビッグクラブの対応だとすれば、お粗末と思います」と申し入れが断られたことを明かし、「レッズ側は上西の炎上商法に付き合う気はないという事でしょう。ただ話をしないというのは怠慢です。私がレッズサポーターと揉めて得する事はない。会社がサポーターに追い付いていないんでしょう。百年構想が五十年で実現するかもしれないビッグクラブなのに、フロントがそれなら百年かかりますね」と挑発的なつぶやきを行っていた。

こうした流れを受け、大阪事務所にはこの日「浦和レッズファンを名乗る人間が押しかけ」たそうで、「たまたまテレビ取材中だったのて、何人かいたので帰らせる事ができましたが、正直なところ浦和レッズ関係者がこれを黙認するのならば私にも考えがあります」と上西氏。週刊誌から浦和の試合観戦を企画としてもちかけられ断っていたが「レッズサポーターがこの程度の低レベルなら行ってもいいと思う」とし、さらに「くたばれレッズ!」と続けた。

引用元:スポニチアネックス

これだけ大きな騒動になっていて、上西議員は行き過ぎた発言だったと自分の非を一部認めていたのに、再び「くたばれレッズ」などと品のない暴言をツイッター上につぶやき、挑発しました。

ここまでくるとさすがに病気を疑ってしまうのもわかりますね…。

上西議員は、社会的立場を理解できず、自分の意志を曲げることができない方なんだと思われます。

そこで疑われているのは、上西議員のアスペルガー症候群疑惑です。

アスペルガー症候群とは?

近年、発達障害のひとつとして注目されている「アスペルガー症候群」には3つの特徴があります。

①社会的に適切に振る舞うことができない

②コミュニケーションを円滑にすることができない

③こだわりが強く、柔軟に想像・思考することができない

一般的に知的障害や言葉の発達の遅れなどがない障害ですので周りからも気づかれにくく、本人だけが長年生き辛さを感じている方が多いようです。

4000人に1人の確率で発症するもので明確な原因は現在でもわかっていません

暴言を吐き続ける上西議員も調べる必要がありそうですよね。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の具体的な特徴

アスペルガー症候群のわかりやすい具体例として次の10項目があります。

1. 明確な指示がないと動けない
2. 場の空気を読むことができない、空気に沿った対応ができない
3. 冗談が通じず、会話の行間や間を読むことができない
4. 曖昧なことを理解できない
5. 好きなことは永遠とやり続けてしまう、話し続けてしまう
6. スケジュール管理ができない
7. 自分が興味のないことは頑なに手を出そうとしない
8. 急な変更にうまく対応できず、だまされやすい
9. 名前を呼ばれないと自分だと気が付かない
10. 相手の気持ちをおもんぱかれない、人を傷つけることを平気で言う

引用元:LITALICO発達ナビ

これまでの上西議員の対応を見ていると何個か当てはまるものがありますよね…(^_^;)

何度も暴言を言ったりする議員としての自覚の無い言動は、アスペルガー症候群である可能性も十分に考えられます。

人を傷つけることを平気で言ってしまうなんて議員としてはあるまじき行為ですよね。

一度、病院で診てもらった方がいいと思います。

松居一代さん同様、この騒動もいつまで続くのでしょうか…。

スポンサーリンク