兵庫県神戸市北区で5人が死傷されるという恐ろしい事件が発生しました。

この事件の容疑者として、26歳無職の竹島叶実容疑者が逮捕されました。

現在、詳しい状況はあまりわかっていませんが、被害者は竹島容疑者の祖父母や母親も含まれており、家族間で何らかのトラブルが原因なのではとの見解も出ているようです。

スポンサーリンク

神戸市北区で5人死傷事件が発生

16日午前6時20分ごろ、神戸市北区有野町有野の南部達夫さん(83)方から「誰か来てくれ」と男性の声で助けを求める110番通報があった。

兵庫県警によると、この家で達夫さんと妻の観雪(みゆき)さん(83)が刺され死亡。同居する娘(52)が重傷を負った。また、約50メートル南の住宅の車庫でも辻やゑ子さん(79)が切られて死亡し、さらに150メートルほど離れた住宅で女性(65)が重傷を負っているのを警察官が見つけた。
県警は同35分ごろ、南部さん方から南西に約250メートル離れた有間神社付近で、包丁と金属バットを持った無職の竹島叶実(かなみ)容疑者(26)を発見し、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。

竹島容疑者は、逮捕容疑を認めており「自宅にあった包丁で誰でもいいから攻撃しようと思った。刺してやろうと思った」と供述しているといいます。

祖父母を始め、抵抗されても勝てるような高齢の方ばかりを狙っている辺りから卑怯さ、残虐性が伺えますね。

何とも自分勝手な言い分で、可愛いはずの孫に殺された南部さんご夫婦のことを思うと本当に胸が痛みます。

スポンサーリンク

竹島容疑者の経歴や性格は?

息子が中学時代に同級生だったという男性会社員(56)は「勉強ができて、他のクラスでも一目置かれるような優等生。問題行動やトラブルもなく、卒業後は理系の名門で知られる県立高校に進学したと思う。あの子がまさか…」と絶句した。

知人の方が証言しているように竹島容疑者は学生時代は、まじめな優等生だったようですね。

最終学歴は、神戸電子専門学校でデジタル技術検定試験で優良賞を受賞するなど、エンジニアやゲームプログラミングなど様々な電子関係の勉強ができる学校でもかなり成績優秀な人物だったことがわかります。

しかし、優等生から現在無職と聞くと、色々と想像できてしまいますね…。

一般的にエリートや優等生と呼ばれる人ほど、挫折に弱いといいますからね。

竹島容疑者の犯行動機は?

詳しい動機は、現在わかっていませんが、なぜ竹島容疑者は「刺したい」と思うようになったのでしょうか…。

その背景はとても気になりますよね。

考えられる動機としては、名門校で落ちこぼれて、引きこもりになり、自分の将来に絶望感を抱き、自暴自棄になってしまったことでしょうか…。

毎日、祖父母や母親から「働きなさい」などと攻められていたのかもしれませんね。

周りからは温厚な高齢夫婦で平和そうな家族に見えても、実際は家族間で何が起こっているかはわかりませんからね…。

竹島容疑者が、日頃から祖父母に恩を感じていたなら殺害なんて絶対できませんよね。

実際はわかりませんが、竹島容疑者は「実は重い精神疾患があったのでは?」ともいわれています。

全国に多くいる引きこもりの子供を持つ親は、今回の事件を受け、考えさせられることが多くあると思います。

自立できない子供の対応はかなり難しい問題だと思いますが、今後、同じような事件が起きないようにしっかり対策をしていってほしいと思います。

スポンサーリンク