乳がんで闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)が、22日に自宅で亡くなったという悲しいニュースが入ってきました。

ブログでは、辛い闘病中なのにいつも前向きで明るく芯の強い女性だということ伝わり、多くの方が心打たれていたと思います。

本当に悲しいですね…。ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

小林麻央さん34歳で死去

歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(こばやし・まお)さんが22日夜、都内の自宅で死去した。34歳。東京都出身。人気キャスターから梨園の妻へ転身し、成田屋を支えていた14年10月、乳がんの告知を受けて闘病中だった。21日に容態が急変したという。

海老蔵は23日午後、公演先の東京・渋谷のシアターコクーンで会見を行う。海老蔵はこの日朝、ブログを更新。「人生で一番泣いた日です」「お察しください」「なるべくいつも通りに過ごします」などとつづった。

5月29日に在宅医療に切り替えてから1ヶ月も経たずにお亡くなりになってしまいました。

しかし、自宅で最後に可愛いお子さん達と過ごせて良かったですよね。

34歳という若さでまだまだ小さいお子さん2人を残し、逝ってしまうことは本当に悔しいと思います…。

これからは、天国からお子さん達の成長を見守っていてあげてほしいですね。

スポンサーリンク

乳がん発覚~闘病の経緯

・2014年2月 海老蔵さんと一緒に人間ドックを受診した結果、左乳房に乳がんの疑いがあると告知される→再検査の結果、授乳期によく見られる「乳瘤」と誤診される

・2014年8月 半年後、再検査予定だったが多忙の為に行わなかった

・2014年10月 麻央さん自身が大きなしこりに気づき、再び病院へ検査に行く→エコーで乳がん発覚、リンパ節に転移していたことを告げられる。この時ステージⅢ

病院から抗がん剤治療と乳房切除手術を提案されるも麻央さんが治療計画に同意せず、別の病院へ行く

・2015年 年間を通じて 非標準治療を続ける

・2016年春 「花咲き乳がん」まで進行。肺と骨にまで転移していた。この時ステージⅣ

・2016年6月 海老蔵さんが会見を開き、乳がんを公表

・2016年10月 入院し、QOL(生活向上)の為の手術を受け、精神的ストレスの緩和を図る

・2017年1月に退院するも4月に病状悪化の為、再度入院

・2017年5月 顎にも転移したことを公表。退院し、在宅医療に切替。

・2017年6月22日夜 自宅で死去

乳がん発覚から、2年8ヶ月の闘病で帰らぬ人となってしまいました。

麻央さんは、2016年9月にブログで、

あのとき、もっと自分の身体を大切にすればよかった

あのとき、もうひとつ病院に行けばよかった

あのとき、信じなければよかった

と綴っていました。やはり後悔の念に駆られていたんですね。本当に運命は残酷すぎます。

「バイキング」で坂上忍涙!

バイキングの番組冒頭で坂上忍さんが麻央さんの訃報を受け、涙する場面がありました。

いつも冷静沈着で涙することなんてなかなかなかった坂上さんですので話題になっています。

小林麻央さんの姉の小林麻耶さんは、以前バイキング金曜日のレギュラーだったこともあり、バイキングでも度々、小林麻央さんの闘病について特集していました。

それなので坂上忍さんを始め、レギュラー陣も思い入れが深く、心を痛めている様子でした。

バイキングでは、14時半から行われる海老蔵さんの会見が終わるまではそっとしておきましょうとのことで、麻央さん訃報のニュースはこの番組冒頭で触れただけでした。

姉妹仲の良かった麻耶さんの状態もかなり心配ですね…。

大好きなママを亡くしたお子さんのケアを一番に考えて、これからもご家族で頑張っていってほしいと思います。

スポンサーリンク