役柄とはいえ、不倫にのめり込む美都を演じる波瑠さんの好感度がどんどん下がっていることが話題になっていますよね。

それほど波瑠さんの演技が素晴らしいということですね(笑)

前回の放送では、なかなか離婚に応じない涼太に美都が妊娠していることを告げると「僕の子共として育てるよ」と言ってきた涼太に衝撃を受けましたね…。

今回の展開もとっても気になりました!

第9話のあらすじと感想をまとめました。

スポンサーリンク

「あなたのことはそれほど」9話あらすじ

美都(波瑠)を中傷するビラが、涼太(東出昌大)と暮らすマンションにばら撒かれた。

中傷は美都の勤め先にもネットにも拡散され、誰の仕業かまったく分からない…。 

住人から好奇の目に晒される美都を、裏切られても守ろうとする涼太の行動に、気持ちが溢れそうになる美都。

その気持ちを振り払うように手を離すと、涼太に気付かれないよう、足早にマンションへ引き返す。

そして、アパートの保証人になってもらった小田原(山崎育三郎)に手伝ってもらい、涼太がいない間に出て行くことを決意したのだ。

小田原の親切心に感謝する美都は、その過剰な優しさの理由を尋ねる…。

すると小田原は「俺が考えているのは涼太の幸せだけですよ。俺は涼太が好きなんです…あなたよりもずっと前から。」と同性愛を告白。

好意を寄せる涼太を悪い女と別れさせたいだけで美都に協力していただけだった。

涼太には言うつもりはなかったとしたが、実は涼太はその場にいてすべてを聞いていた。

そして何も言えず家を出た美都。

横山皆美(中川翔子)が麗華を自宅に招き、「私、見たの。夫に浮気されているんでしょ?」と話を切り出し、美都を中傷するビラを見せ「これ配って来た」と麗華に告げる。

「有島さんのためにやったのよ。」と笑顔で話すと麗華は「私のためじゃない。」と返す。

皆美は、旦那が育児に非協力で話し合いさえもまともにしてくれないことの日頃のストレス解消の為にやったのだった。

そして「有島さんといると苦しくなる。愚痴ると学級委員みたいなこと当たり前に偉そうに…。」と泣き崩れた。

連絡のつかない美都を心配して香子が美都の勤め先の眼科に訪れる。

「説教ばかりしてたけど、本当は美都のことが羨ましかった。」と香子は院長に本音を話した。

有島から連絡が来て、美都はいつものBarで久しぶりに有島と会うことに。

しかし、「今日、会うことをうちの(麗華)にも伝えた。ビラを配った犯人は心当たりがない。」と告げただけだった。

そして麗華が美都の勤め先の眼科にやってきた。

「ビラは私の知人が勝手にやりました。渡辺さんだけでなく病院にもご迷惑をかけたことをお詫びにきました。」とひたすら謝る麗華。

「すごいな。(不倫した)私に謝るなんて。これが有島君の選んだ人か。有島君すごいじゃん。」と心でつぶやき、麗華には敵わないことを悟った美都。

有島が帰宅すると麗華と亜湖の姿はなく、「実家に戻ります」の置き手紙が。慌てて家を飛び出した有島。

美都はついに一人で妊娠検査薬を試した。結果は陰性

落ち込んでいるところに相変わらず来る涼太からのラインのメッセージを泣きながら見る美都。

唯一自分を選んでくれた涼太の大切さに気づき始めたが、最後に「離婚届記入して送って下さい。出しておきます。」とのメッセージが。

「私、今空っぽ…。」と心でつぶやく美都だった。

スポンサーリンク

「あなたのことはそれほど」9話感想!

やはりビラの犯人は、皆美(しょこたん)でしたね~(^_^;)

しかも、自分勝手な理由で…麗華もいい迷惑ですよね。

こんな隣人がいたら実際は、かなりのストレスで引っ越しを考えますね…。

被害妄想の強い悲劇のヒロインタイプって多いですからね~。

そして美都は、結局妊娠していませんでした。

不倫相手との子かもしれないのに「自分の子として育てる」といってくれた涼太のことを想い、涙を流し、ようやく自分の愚かさを気づいた美都は涼太とやり直すのでしょうか…。

有島夫妻も麗華が実家に戻ってしまい、このまま別れを選択するのでしょうか。

来週の最終回が待ち遠しいです(*^^*)

スポンサーリンク