陸上の日本学生陸上競技個人選手権で今月10日、男子100m準決勝で追い風4.5mの参考記録で9秒94の記録を出し、今大会で優勝した多田修平選手に注目が集まっています。

男子100mで10秒の壁は大きいとされていますが、追い風参考ながら9秒台を出した多田選手について調べてみました。

スポンサーリンク

「追い風参考」とは?

短距離、跳躍系の種目は、追い風の中で競技を行えば当然のように風の力で自分本来の力よりも加速できます。
そのため、記録の公平性を期すために追い風2mを超えるコンディションで出した記録は参考記録となり、正式な記録とは認められません。

残念ながら、今回の多田選手の記録は正式なものとはなりませんが、それでも9秒台を出した多田選手には今後大きな期待が寄せられることは間違いありません(*^^*)

2020年の東京オリンピックでは、活躍する選手の1人ではないでしょうか。

多田修平選手のプロフィール

名前:多田修平(ただしゅうへい)

生年月日:1996年6月24日(20歳)

出身:大阪府東大阪市

身長:176cm

学歴:東大阪市立石切中学校→大阪桐蔭高校→関西学院大学法学部在学中

自己記録:100m-10秒08

中学から陸上競技を始め、多くの学生大会で好記録、入賞を果たしています。

今年5月のゴールデングランプリ川崎大会に出場した際に隣のレーンを走っていたアメリカのジャスティン・ガトリン選手からも「名前は分からないが、素晴らしいスタートを切った男がいて驚いた」と一流選手からも称賛されるほど実力をつけている多田選手。

今後の活躍が本当に楽しみですね。

スポンサーリンク

今までで9秒台を出した選手は?

◆2015年3月:桐生祥秀選手9秒87(追い風3.3メートル)

◆2017年4月:ケンブリッジ飛鳥選手9秒98(追い風5.1メートル)

◆2017年6月:多田修平選手9秒94(追い風4.5メートル)

桐生選手とケンブリッジ選手が9秒台を出したのは、アメリカでのことなので今回の多田選手の9秒台が国内初となります。

どれも追い風参考記録ですが、若手選手同士切磋琢磨して日本の陸上界を大いに盛り上げていって欲しいですね(^^)

多田選手のイケメン画像!

最近は、イケメンのアスリートが本当に多いですよね~。

多田修平選手もベビーフェイスのイケメンとして人気が高く、世の女性達から熱い視線を送られているようです(*^^*)

多田選手は、大学生で20歳という若さなのでまだまだあどけなさが残るイケメンですよね(笑)

これからどんな大人の男性になっていくのかも楽しみなところですね!

スポンサーリンク