10日午前に愛知県の東名高速道路で、乗用車が中央分離帯を越え、観光バスに衝突した事故が起き、その際の生々しい動画が公開され話題になっています。

そもそもなぜこのような事故が起きたのでしょうか…。

乗用車を運転していた医師の伊熊正光さん(62)は、お亡くなりになられているので事故の真相解明は困難を極めているようです。

スポンサーリンク

事件の概要

愛知県新城市の東名高速道路で乗用車が中央分離帯を越えて対向の観光バスに衝突した事故で、県警は10日、バスの乗客乗員47人のうち45人がけがを負ったと明らかにした。

6人が腕などを骨折し、残りは軽傷だった。乗用車を運転し、死亡したのは浜松市東区の医師、伊熊正光さん(62)と判明。県警は、車が分離帯を越えた経緯を調べるなど事故の原因を捜査している。

ドライブレコーダーの映像では、車は反対車線で分離帯にぶつかって跳び越え、空中を回転しながらバスのフロントに激しく衝突していた。

観光バスは愛知県豊橋市の「東神観光バス」が運行し、旅行会社「トラベル東海」がチャーターした日帰りの貸し切りバスで、10日午前7時前に愛知県豊川市を出発して、さくらんぼ狩りを行うため長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳に向かっていたということです。

ケガを負った乗客の方々がインタビューを受けていましたが、血だらけで顔中に傷がある方が多く、その悲惨さがよく伺えました。

まさか楽しいさくらんぼ狩りへ行く道中でこんな悲劇が起こるなんて誰も予想していなかったでしょうね…。

誰もがいつ何時事故に巻き込まれるかもしれない恐怖があるということを再認識させられましたね。

東名バス事故の瞬間

この映像は、まるで映画の世界ですよね…。実際に起きていたなんて信じられません。

この時のバスの運転手山本良宗さん(68)さんの咄嗟の判断でハンドルを左にきったことにより、バスの被害が少なくて済んだため、バスの乗客では死亡者が出なかったといわれています。

山本さんはバスの運転歴が48年のベテランで、この時の判断については、「追い越し車線は速度を上げた車が走っていて危険が多く、とにかく左に寄れば安全だという意識が普段からあった。気づいたら病院にいたが、落ち着いてやれたと思う」と振り返っていました。

普通なら思わぬ光景にびっくりして固まってしまいそうですが、この山本さんの瞬発力は本当に凄いですよね。

こういう方が運転手だと利用者も安心してバスに乗ることが出来ますよね!

死亡者を出さず、被害を最小限に収めた山本運転手さんは、今後おそらく表彰されるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

なぜ事故は起きたの?

これだけの大惨事の事故なのでやはり気になるのは、事故の原因ですよね。

お亡くなりになられた乗用車を運転していた伊熊正光さんは、医師の方で勤務先の病院へ向かう途中だったようですね。

早朝の事故ですし、医師と聞くと忙しい方が多いので過労の末の居眠り運転では?との推測が多いようです。

左側のガードレールに衝突した痕があったことから、、接触により制御不能となった可能性もあるとみて調べているようです。

遅刻しないようにスピードを上げすぎて、ついウトウトしてしまい、ガードレールに衝突してしまったのでしょうか…はたまた持病や突発性の病気で運転中に突然意識が無くなってしまったのでしょうか…。

現段階では、正式に発表があったわけではないのでわかりませんが、早急に事故の原因が解明されることを祈るばかりです。

スポンサーリンク