乳がんで闘病中のフリーアナウンサーの小林麻央さんが29日に退院し、1ヶ月ぶりに自宅に戻ったことをブログで公表しました。

幼い子供達は、もちろんママが帰ってきて嬉しい様子ですが、もちろん完全に回復しての退院ではないようですし、ついに在宅での終末医療が始まったと噂され、心配する声が多くなっています。

スポンサーリンク

小林麻央退院して在宅医療へ

「これからは在宅医療に切り替え、自宅で点滴など続けながら、在宅医療の先生、看護師さん そして何より 家族に支えてもらいながら生活していきます」

とブログで綴っており、自宅に介護用ベットスペースを作ったり、家族が点滴の処置の練習をして覚えてくれたりと家族のサポートの元、在宅で過ごすことになった小林麻央さん。

ブログ上では、高熱が続いたり、食欲がないなどと心配な症状も多く見受けられましたが、現在は大丈夫なんでしょうか…。

子供達の世話もあると思いますのでどうか無理をせずに穏やかに過ごして欲しいと思います。

この在宅医療が、「最期」「終末医療」といわれていますが、1日でも長く生きてなんとか余命を打破して欲しいと思います。

スポンサーリンク

顎の転移で今後どうなる?

一般的に乳がんは微細ながん細胞がリンパや血液によって運ばれ、他の臓器に転移しやすいといわれています。

麻央さんは、リンパや骨、肺や皮膚にも転移していることは公表していましたが、つい先日、顎にまで転移してしまっていると公表しました。

顎にがん細胞が転移してしまうと痛みはもちろん、鼻血が出たり、歯がボロボロになり咀嚼もできなくなるので食べ物が食べられなくなったり、顎からがん細胞が徐々に脳に近づいていって最後には脳に転移してしまうことが考えられます。

脳にまで転移してしまうと麻痺やけいれん、失語症、ふらつき、嘔吐、頭痛とかなり深刻になってしまうのでなんとか脳転移だけは避けたいものです。

しかし、麻央さんは若年性がんで進行が早いですし、乳がんは肺がんに次いで脳転移を起こしやすい癌といわれていますので油断できません。

これだけ頑張って闘病しているのにどんどん転移が広がっていて、本当に残酷ですよね…。

なんとか子供達の為にも良くなってほしいです。

こちらの記事もどうぞ!

【動画】小林麻央死去でバイキングで坂上忍が涙!乳癌発覚から闘病経緯!

小林麻央再入院!病状悪化で激痩せした現在の姿は?歩くのも困難で寝たきりに?

小林麻央が愛用可愛いパジャマはナルエー!パジャマの色や素材の効果は?

スポンサーリンク