定員46人に対し68人の園児を受け入れたあげく少量の給食しか与えていなかったり、市に保育士の水増し報告で不正に給付金を受け取ったとされている姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」問題。

この様々な問題が発覚するにつれて世間の親達を始め、憤りが隠せない人々が増えています。

保護者に対し、説明会も開くも終始大荒れで納得のいく展開ではなかったようですし、今後も新たな問題が出てくるでしょうね。

スポンサーリンク

わんずまざー保育園の実態

46人の定員に対し、68人の園児を受け入れていたのに給食の発注はわずか40食分

約30食も足りない状況でさらに余ったおかずは冷凍保存し、約1ヶ月後に出していた物もあるという。

子供の成長に一番大事な時期に十分な量を与えていなかったり、不衛生なものをあげていたりと信じられない実態が明るみになり衝撃を受けましたね。

これまで保育園で少量しか食べていなかったので胃が小さくなり家に帰ってもご飯を食べられる量が減ってしまった子や一向に体重が増えない子、体調を崩しやすくなった子など成長に支障が出てきている園児も多いといいます。

また保育園の光熱費も節約するため、真冬でも暖房器具は一切つけずに室温20度以上は欲しいところ14度しかなかったといいます。

なぜそんなヒドイことが日常的にできるのでしょう。

本当に腹が立ちますね!同じ子を持つ親としては、到底許すことができません。

今までそんな劣悪な環境が当たり前で何も知らずに毎日通っていた園児達が不憫でなりません…。

また保育士達の就業規則も劣悪で遅刻・早退・欠勤した保育士は給料から1万円引かれたり、30分以上の遅刻は2日間、無断欠勤の時は7日間タダ働きさせていたという。

保育士達は、園長が怖くて何もできなかったといいます。

しかし今回の件は、内部告発で抜き打ち監査が入り、事態が発覚したとされています。

この現状に耐えかねた保育士の誰かが告発したのだと思いますが、もっと早くに行動してほしかったですね。

スポンサーリンク

わんずまざー保育園の園長は逮捕される?

この劣悪な環境を作り上げていた張本人の小幡育子園長。

詳しい経歴などは今のところわかっていませんが、年齢は40代半ばぐらいとされています。

しかも自分にも子供がいるのか「自分の子供にはできないけど、よその子にならできる」等の発言をしていたといいます!

そしてこの問題の数々からこの小幡園長は刑事告訴され、逮捕される可能性が高いとされています。

その内容は、園児に少量の食事しか与えていなかった「児童虐待」、保育士10人に対し13人と水増しして不正に給付金を受け取った「詐欺罪」、違法に直接契約していた人達から受け取った資金を私的流用していた「横領罪」、保育士達をひどい労働条件で働かせていた「労働基準法違反」など様々な罪があります。

この調子でいくとまだまだ問題は出てきそうですね…。

早急に調査し、一刻も早く逮捕して欲しいですね!

スポンサーリンク