日本アカデミー賞作品賞を受賞した話題の「シンゴジラ」にも出演した長谷川博己さんが4月から始まる新ドラマ「小さな巨人」で主演を務めますね。

小顔でスタイルも良く、色気があって人気の俳優さんですので注目度の高いドラマですよね~。

そんな長谷川博己さんが主演する新ドラマは要チェックです!

スポンサーリンク

長谷川博己のプロフィール

名前:長谷川博己(はせがわひろき)

生年月日:1977年3月7日(40歳)

血液型:A型

出身:東京都

身長:182cm

学歴:中央大学文学部

デビュー:2001年

事務所:ヒラタオフィス

2001年文学座付属演劇研究所に入所し舞台を中心に活動していましたが、文学座を退座後、芸能事務所に移籍し、2010年に出演したNHKドラマ「セカンドバージン」で一気に知名度が上がりました。

その後「鈴木先生」「家政婦のミタ」「MOZU」など数々の話題ドラマに出演し、人気が急上昇。

2016年7月公開の映画「シンゴジラ」では、第40回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しました。

40代の数少ない未婚俳優さんですので世の女性達を虜にしていますよね。

今後も多くの作品に出て欲しいですね(^^)

スポンサーリンク

鈴木京香との結婚は?

2010年にドラマセカンドバージンで共演し、交際に発展したといわれている女優の鈴木京香さんとの熱愛の行方も気になりますよね。鈴木京香さんの方が9歳も年上のカップルなんですよね~。

これまで半同棲報道破局報道など世間を騒がしてきている2人ですが、現在はどうなっているのでしょうか。

事実婚状態は未だに続いているのでしょうかね~。

しかし、もし結婚したとしても今年49歳になる鈴木京香さんは、子供を授かるのは難しいですよね…。

その点を踏まえて40歳の長谷川博己さんに遠慮しているのかもしれませんね~。

今後の2人の動きには注目です。

「小さな巨人」原作やあらすじは?

「小さな巨人」に原作はなく、完全にオリジナルな脚本のようです。

なのでストーリー展開はわからず、毎回楽しみでもありますね!

そんな気になる4月からの新ドラマTBS日曜21時から放送の「小さな巨人」のあらすじは…

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。

その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。

会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を疑い取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう。すると翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と記事が掲載されていた。香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、宴席の直後に取り調べをしたのではないかと問いただされる。黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、日本酒を飲んだことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。

香坂が所轄にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正が誘拐される事件が発生する。誘拐犯は身代金を要求している。

捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?

引用元:TBS公式サイト

刑事ドラマの警視庁本庁VS所轄というよくある設定のようですが…面白そうですね!

刑事と医療ものは、視聴率が取れる鉄板のドラマですからね。

人気若手俳優の岡田将生さんや落語家の春風亭昇太さんも出演するということで他のキャストにも注目です(^^)

初回放送日はまだ未定のようですが、要チェックですね!

スポンサーリンク